th
労働組合活動をしているといつも思うことがあります
なぜ日本人は労働組合を怖がるのかと。


労働組合といえば団結して企業と戦う組織です。
その過程で抗議活動としてマイクを使った街頭宣伝などを行います。


ところが自分で言うのもなんですが
周りから引かれているのがわかります。
なんだかよくわからない連中が騒いでる
街中でマイクを使ってうるさい、などなど


労働は庶民の一番足元にある問題です
それに取り組む労働組合を白い目で見るとは何事か。
こう憤っているのですが、そんなことを言っても仕方ありません。
なぜ日本人は労働組合を毛嫌いするのか、それについて考えてみました。



 

対立を嫌う日本人

まず第一の理由はこれじゃないかと思っています。
日本人はとにかく対立を嫌います。
会社と労働者が揉めている、その事実自体が嫌なのです。
面倒ごとと関わりたくないと言うことでしょうか。


よくTwitterで痴漢被害を訴えたら周りは無関心だったと言う投稿を見ます
それと同じで厄介ごとに関わりたくないと言う考えから
会社に抗議する労働組合と距離を置いているのでしょう。


これは特に労組が結成された社内で顕著に見られます。
会社と対立していると言うだけで労働組合は煙たがられます。
たとえどんなに労組が正しかったとしても(残業代不払いへの抗議など)
とにかく対立の場から身を引いて自分に被害が及ぶのを避けているのです。


日本ではなぜか対立が悪だとされる風潮があります
「お互い歩み寄りながら協力して双方にとって良い結果になるように」
という予定調和の主張が大好きな日本人。


わたしからすると反吐が出ますが、一般的な人はこれがしっくりくるようです。
ですがダメですよそれじゃ、対立を避けていては利益相反の関係にある労働者と経営者では
力の強い経営者が勝つに決まっています。


労働者と経営者は立場上は対立していないとしても
利害関係は対立していると言う階級意識を持つ必要があるのです。
対立することは悪いことではないのです。

要求が嫌いな日本人

労働組合は会社に対して要求します。
労働時間なり給料なり業務のあり方なりをです。
ところが日本人はこの「要求」というのが嫌いなようです。
要求アレルギーなのです。


理由は「物乞い」のように見えるからでしょう。
給料とは、自らの能力を高めて会社からの対価を引き出すものだと言う
ある種の自己責任論が蔓延する日本では
会社に対して高い賃金を要求することは「物乞い」であるかのように見えてしまうのでしょう。


しかしこれも間違いです。
給料は需要と供給とか能力とかで決まるのではなく
労使交渉によって決まるものです。
労働者が経営者からの評価を欲しがって馬車馬のように働くのではなく
自らの仕事はこれだけの価値を生み出しているのだからもっと給料をくれ!
これを言ってもいいのです。


たとえばZOZOTOWNの前澤社長が「月に行く」と言い出した時に
NPO法人ほっとプラス代表の藤田孝典さんが「月に行くなら賃金上げろ!」と言って
実際に賃上げを獲得しましたよね。


要求とは恥ではなく当然、生きるための手段なのです。
要求を恥ずかしいと思っていたら企業はやりたい放題になります。


特に老後資金2000万円を自分で用意しろなんて言われている現在では
だったら生涯賃金2000万上げろよと言うのが当然です。


だって足りないんだから。

「実力で勝負(笑)」が大好きな日本人

最近の若い人には特にこの傾向が強いですね。
能力を磨いて「自分の力で稼ぐ(笑)」ってやつです。


ホリエモンとかZOZOTOWNのブランド人とか
成り上がった人間に憧れて自分も!みたいな発想です。


できる人にはできるでしょう
会社立ち上げてSNSでアピールして大金持ちになる
こんなことができたらいいですよね。


ただしほとんど99%の人には無縁の話です。
そんな実力ありません、普通の人には。


そんな有名な経営者やらのなんとかサロンに金を払うよりは
真面目に労働者階級で団結してデモなりストなりやって賃上げ要求しましょうよ。
わたしの周りにもたくさんいますよ。
飲食店勤務なのになぜかスティーブ・ジョブズについて熱弁する人が
憧れるのは勝手だけど、多分のその熱意が実ることはありませんよ。


今の世の中、大資本が一般庶民を搾取する仕組みが出来上がっているんです
労働者派遣法なりフランチャイズ契約なり


大多数の人にとって今やるべきことは成功した経営者に憧れることではなく
団結して労働者階級の利益を主張することですよ。
最低賃金が低すぎる、非正規労働者が多すぎる、社会保障が脆弱すぎる
これらは全て事実ですから。


一般庶民の生活が足元から崩されている中で「実力で稼ぐ」なんて言ったところで
失敗したら待っているのは脆弱な社会保障に支えられた底辺生活だけです。
「スキルアップして転職すればいい」とか言ってる暇があったら
転職しやすいよう失業保険の拡大を主張しましょうよ。
これが労働者の利益です。

まとめ

いくつか理由を書いてみたのですが
日本人には団結して要求すると言う資本主義では当たり前の考えが
頭の片隅にもないんですよ。


19世紀のイギリスでは行きすぎた資本主義のせいで
働かされまくって平均寿命が15歳とかでした。
そこで誕生したのが労働組合です。
もちろん最初は法律で認められてはいませんでした。
だけど労働者階級の人々が「このままでは殺される」と感じで
団結して戦ったんです。
つまり労働組合なしでは資本主義は崩壊してしまうのです。


よく労働組合活動家のことを社会主義だの共産主義だの言って批判しますが
資本主義の崩壊を救ったのが労働組合です。
だから労働組合を見て「うわー・・・」とか言ってる場合じゃないですよ。
労働組合なしでは資本主義は崩壊するのですから。


ただし連合、テメーはダメだ。

スポンサーリンク